気管支に慢性的な炎症が起こっており、少しの刺激で(アレルギー、ウイルス、ストレスなど)気管支が過敏に反応し気道が狭くなり、喘鳴、咳、息苦しさなどの呼吸困難を引き起こします。そうなる前に正しい診断を受けましょう。

喘息の人の気管支

症 状

・呼吸時に ゼーゼー、ヒューヒュー という音がする。
・安静時でも、突然激しく咳込んだり、息苦しくなったりする。
・激しいせき込みが繰り返し起こる。
・咳や息苦しさで夜中や明け方に目を覚ます。

上記のような症状でお困りの方は、診察をお勧めいたします。

検 査

当院では呼気(吐く息)一酸化窒素検査を行っております。気管支に炎症がある場合、気道に一酸化窒素が多く産生されます。数秒間息を吐いて頂く簡単な検査で、数値を測定します。

喘息の治療
  • 呼吸器外科
  • 消化器外科
  • 外科
  • 呼吸器内科
  • 消化器内科
  • 放射線科
  • 麻酔科

※受付時間 午前は8:30~11:30、午後は14:15~17:30になります。

※7:30~待合室に入室可能(受付順番表にお名前をお書きください)
※休診日:火・土曜日の午後、日曜日、祝祭日

〒740-0034 山口県岩国市南岩国町2-77-23